<MECホームページにようこそ>

未来環境研究機構株式会社(MEC)の公式ホームページはこちらです。≪https://mec-radoner.jp≫

当社とは関係のない、古いサイトについてお客様からお問い合わせを頂きますが、≪MEC未来環境研究機構株式会社≫の公式ホームページはこちらですのでお間違えのないようお願い申し上げます。


ご挨拶 【未来環境研究機構について】

  皆様におかれましては、ご清祥のこととお慶び申し上げます。(株)エムイーシーの社名をMillennium Environment Corporation<千年紀(新世紀)環境会社>の意訳を込めた「未来環境研究機構株式会社(略称MEC)」に 改称してからの、皆様の変わらぬご厚情に対し御礼申し上げます。
この社名となった「未来環境」とは、歴史・先人の知恵に学び、炭素のチカラや温泉のチカラを高度化して、私達の健康、生活、社会環境等に採り入れた、夢と希望ある快適な環境のことです。弊社の目的は、皆様と共に「従来より健康で快適な生活環境を構築する」ことであり、ひいては「社会貢献」に繋がるのでは、との思いでおります。これからも今まで以上に変わらぬご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。     
                                 代表取締役 平野 春江

【MECの基本理念及び活動方針】

 【自然破壊に加担しない環境対策事業の必要性】

長期的、本格的な環境事業対策を開始するには、「自然(自然の循環)の破壊」に加担しないように将来計画を立てなければならない。

【自然破壊につながる3つの共通項】

1.地下から採掘した物質の濃度を高めてしまうこと。

  水銀、鉛、カドミウムなどの重金属、化石燃料、ウランなど。

2.合成化学物質の濃度を高めてしまうこと。

  難燃剤、フロン、プラスチック、プラスチック添加剤、殺虫剤など。

3.自然や自然のもつ機能を退化させてしまうこと。

  森林伐採、アスファルト舗装、動植物の種の絶滅、水の自然循環の妨害。

≪上記の3項目を侵さないのがMECの基本理念です≫


【経済活動の本質とは

・未来のより良い地球環境、健康的で活力ある生命を取り戻すために、歴史・先人の知恵を学び、人類の叡智を追求する

・地球、自然との共生、還元型社会の実現のために、自然環境、人間、動植物の全てに対してのベネフィットを追求する

・新エネルギー法、バイオマス・ニッポン戦略に則した事業計画の立案と実践  ※地球環境問題を「生命と生活環境」の安全問題として捉えていくことが大切


【会社概要】

【沿 革】
 平成10年     「株式会社日環工業」として設立
 平成14年     「株式会社エムイーシー」に変更
 平成26年5月14日  「未来環境研究機構株式会社」(略称MEC)に改称
 
【概 要】
 社 名       未来環境研究機構株式会社
 所在地       東京都中野区中野3-33-9
           JR中野駅前南口ビル501
 本 社       東京都東村山市萩山町3-22-3
 資本金       3000万円
           りそな銀行
 取引銀行      みずほ銀行
           三井住友銀行
 目 標       従来より健康で快適な生活環境を構築する事
 役 員       代表取締役 平野 春江
           取締役   中西 宏治
           取締役   小笠原 英雄 工学博士
          ( 放射線の正しい知識を普及する会 会員)
【協力企業へのリンク】
  健康増進クリニック
  東西医学ビルクリニック
  メディアートクリニック