専門機関
研究データ


ラドンホルミシス
1993年に開発された低線量放射線の生物影響に関する連携研究プロジェクトより
財団法人 電力中央研究所 参照


1.体内酵素とホルモンが増えます (東京大学 二木、岡山大学の研究より参照)

体内に約3000種類ある酵素を活性化していきます。活性酸素を除去する抗酸化酵素「SOD」「GPx」「インスリン」「アドレナリン」「ベータエンドルフィン」などが増加すると確認されています。
■低線量放射線ホルミシスの酵素活性

■低線量放射線ホルミシスによるホルモン活性


2.細胞膜が元気になります

活性酸素は脂質を酸化させて過酸化脂質にします。この過酸化脂質が細胞膜を硬化させ透過性をなくし、老化を早めます。この透過性がよくなると、細胞間の連絡がスムーズになり、ホルモンの活性化・細胞の若返りを促します。
■低線量放射線ホルミシスによるホルモン活性


3.ガンを抑制する酵素が増えます(奈良県立医科大学医学部教授 大西武雄先生の実験結果より参照)

低線量放射線を照射する実験で、各臓器の細胞内でガン抑制遺伝子p53が活性化することが確認されました。p53はガン細胞増殖を抑制、DNA損傷の修復、アポトーシスを行います。
■低線量放射線ホルミシスによるガン抑制遺伝子の活性

■ガン抑制遺伝子p53の活性変化


4.糖尿病や生活習慣病に ((財)電力中央研究所 研究報告G02001より参照)

低線量放射線の刺激作用により、身体の防御機能が高まることが確認されています。実験ではマウスの糖尿病発症の抑制が明らかになり、生活習慣病にも同じような効果が期待できるとされています。

■糖尿病の発症抑制効果

温泉に含まれる放射性成分には、ラドン(Rn:222Rn)、ラジウム(226Ra)、ラドンの放射性同位体トロン(Tn:220Rn)などがあり、日本の放射能温泉としては「ラドン」が主流です。

ラドンとは、半減期3.825日でα崩壊する放射性のガス成分(気体)で、自然界に存在する放射能を放出する物質の中では、もっとも強力なイオン化作用を持つと言われています。

臨床医学的には自律神経の沈静、ホルモンや代謝異常の調整、鎮痛、消炎作用が期待できるとされています。

α線には神経細胞の酸素消費量を下げて沈静化させる作用があるとされ、ラドン温泉などの放射線浴には、下欄のように、リウマチ、関節炎、筋肉痛、神経炎等の痛みを和らげる効能があるといわれています。

しかし、α線は非常に透過性の低い放射線のため、温泉浴での湯気からの吸収と比較して、ラドンを体内に直接取り込むことが、最も効率の良い方法とされています。

研究発表の一例

1.発がん抑制効果の検証
2.老化抑制効果の検証
3.遺伝子損傷修復機構活性の検証
4.生体防御機構活性の検証
5.疫学調査